*

ベッキーとゲスの極み川谷絵音 別れていた~ローソンのCMを降板~

   

ゲスの極み川谷絵音とベッキーが別れていたことがわかったざます。

写真
出典:ママが初出演したドラえもん1巻ざます


Sponsored Link

「ざます」のご紹介
ママは自宅(練馬区)でワイドショーや女性誌などを見て文章を書いています。
記事はパパの貿易会社(東京、パリ、NYなど)に送られ広報部スタッフがブログ化しています。なお広報部スタッフが担当している記事もあります。

ベッキーとゲスの極み川谷絵音 別れていた~ローソンのCMを降板~

 

ベッキー、ゲスの極み川谷絵音別れていた

出典:楽天市場(クリック対応)

✔ ベッキーとゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音がすでに別れていたことがスポニチに報じられたざます。

不倫証拠のLINE内容 ➡「ゲスの極み川谷絵音、ベッキーの不倫発覚」と週刊文春最新号見出し1.7発売

年末年始の動き ➡ゲスの極み川谷絵音とセカオワ深瀬が結婚へ

✔ スポニチが報じた内容は以下の通りざます。

・2人は週刊文春に直撃インタビューを受けた翌日1月5日、決別を決めた。

・「友達として二度と会わない」と事務所関係者を交えて約束した。

・「軽率でした」を繰り返し事務所関係者は「あまりの憔悴(しょうすい)ぶりに驚いた」と話した。

ベッキーがローソンのCMを失う 花王、NTT都市開発、損保ジャパン、スタジオアリスも今後は絶望

✔ 芸能人はテレビや雑誌への出演よりもCMの出演が稼げるものざます。ベッキーは過去に本格的な熱愛報道がなく10本ものCMを持っていたざます。

✔ しかし今回の不倫騒動で特に大きな契約だと考えられる「ローソン」CMから降板。また巨額の広報費を持つ「花王」は1月一杯で契約が切れそのまま終了。花王は主婦層がターゲットのため、不倫のダメージは絶大で今後の再契約はほぼ絶望ざます。また写真スタジオの「スタジオアリス」は店頭の掲示物の撤去を決めたざます。七五三や婚礼写真を扱うため、不倫のダメージは致命的ざます。

✔ さらに「NTT都市開発」も1月で終了。こちらも分譲、賃貸マンションを扱うため家庭を壊したイメージがついてしまったベッキーとの再契約は絶対的にないと思えるざます。「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険」は金融業でお堅いイメージが必要。今後契約打ち切りが濃厚と考えられるざます。

※現在のところ格安スマホのケイ・オプティコム(mineo)がCMの継続を発表したのみ。ほかは様子見となっているざます。

契約打ち切り(降板)など … ローソン、スタジオアリス(店頭の掲示物を撤去)
1月で契約終了 … 花王、NTT都市開発、ナガセ
契約継続を宣言 … ケイ・オプティコム(mineo)
様子見 … 太田胃散(A錠剤)、スズキ(アルト エコ)、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険、ソースネクスト

損失額は数億円か あまりにも大きかった代償

✔ ベッキーがCMを降板したローソンや今後の継続が絶望的な花王は広報費が多い企業として知られるざます。この2社はイメージも良く、多くの芸能人の憧れの的だったはずざます。損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険も手堅いイメージでタレントとしては非常に重要。今回の1件で数億円以上のCM契約を失う羽目になったと思われるざます。

✔ ベッキー自身も事の重大さにすぐに気づかれたようで、あれほど熱を上げていたゲスの極み乙女。の川谷絵音とほぼ即日の別離。影響を最小限に収めるためのタレントとしての決断だったと思うざます。

✔ 不倫騒動があった矢口真里がバラエティ番組にたまに主演する程度にしか復帰できないのは、主婦層の不倫に対する強い嫌悪感が背景にあるざます。デビューから10年かけて培ってきたイメージが週刊文春のたった一つの取材をきっかけに全て崩れ去ってしまったざます。

✔ 不倫報道などの場合、雑誌の発売前に事務所に連絡を入れるのが業界の決まりざます。そのため週刊文春から事務所に連絡は入っていると思われるざます。損害額を考えれば何とか止めたかったのが事務所の本音だと思うざます。しかし恐らく予定通りの紙面構成。芸能事務所とのしがらみがなく、自由に報道できる週刊文春のメディアとしての強さも際立ったざます。

✔ ゲスの極み乙女。川谷絵音の奥さんは、売れる前から支え続けてきた人。今回は略奪愛のようになってしまったため、ベッキーのイメージダウンは計り知れないざます。しかし発覚後の対応や記者会見での対応には1つもミスがなかったと思うざます。今後CM女王への復帰やママタレへの移行は難しくなり、非常に大きな壁に当たってしまいましたが、ベッキーの知性と判断力なら切り抜けられると思うざます。

✔ 不倫は良くないですが、ベッキーにとって本格的な恋愛報道は初めてのこと。ベッキーとしても不慣れな面があり「恋は盲目」となってしまったのではないかと思うざます。誰もが恋愛関係で大きな失敗をした経験があると思うざます。

関連記事

不倫証拠のLINE内容 ➡「ゲスの極み川谷絵音、ベッキーの不倫発覚」と週刊文春最新号見出し1.7発売

年末年始の動き ➡ゲスの極み川谷絵音とセカオワ深瀬が結婚へ


Sponsored Link

人気記事

セカオワ深瀬きゃりーと別れた!破局確定でさおりと復縁か? 

自由が丘の豪華セカオワハウスで共同生活 忘れ去ったクラブアースという場所

セカオワ人気の本当の理由を考察~深瀬の過去編~

「ゲスの極み川谷絵音、ベッキーの不倫発覚」と週刊文春最新号見出し1.7発売

「釈放されたばびろんまつこの現在」と週刊文春最新号見出し12.24発売

「釈放されたばびろんまつこの現在」などが掲載された12月24日発売の「週刊文春」最新号の見出しと注目記事です。

「小保方晴子の再起写真集」と週刊文春最新号見出し11.12発売

「博士じゃなくなった 小保方晴子の『再起写真集』!?」などが掲載された11月12日発売の「週刊文春」最新号の見出しと注目記事です。

 -芸能事務所

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • カテゴリー

  • 本日の人気記事ランキング

  • まだデータがありません。

  • 便利サイト

    ✔ 受験ネット
    小論文、志望理由書、面接対策など。

    ✔ ヤフー
    検索サイト。